正月になればおせち料理を食べている家庭は多いと思いますが、その食材の意味をきちんと知っている人はどのくらいいるでしょうか。

ここではおせち料理に使われている食材の意味や、本来の意味を見ていきたいと思います。まず、料理を想像して思い浮かぶものは、黒豆や伊達巻や海老、数の子や紅白かまぼこなどではないでしょうか。

もちろんこれらにも意味があり、黒豆は一年家族がまめに働けますようにという意味と、黒い色が邪気を払ってくれるという意味があります。伊達巻ではその形が巻物に似ているので知識が増えるように、海老は腰が曲がるまで長生きできるように、数の子はたくさん卵があることから子孫繁栄の意味が、そして紅白かまぼこには紅が魔除けに、白は清浄を表していることから、おめでたい組み合わせとして使われています。

家族が幸せに過ごせられるように願いが込められたおせち料理ですが、なぜ正月に食べるのでしょうか。よく女性に正月は炊事をせずに休んでもらうためだと耳にしたことがありますが、本当の理由は違います。

お正月には神様をお迎えするのですが、その後は騒がしくしたり物音を立てたりすることは好ましくないため、炊事事態を控えていたそうです。そのために日持ちをする料理を作り、神様に失礼にならないようにお正月に食べていたことが、本来の理由です。

現在はお店やインターネットなどで手軽に手に入れることができるおせち料理ですが、その食材に込められた願いや意味を知ると、今までとは違った新年を迎えることができそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です