おせち料理は神様と一緒に頂くものとされ、新年はこういう年でありますようにやこういう人生でありますようにといった様々な願いがおせち料理には込められています。

おせち料理が入っている重箱にもめでたさを重ねるというきちんとした意味がありどの段になにを詰めるというルールがあり重ねたとき上から一の重、二の重、三の重、与の重といいます。

一の重に入れるものは祝い肴とよばれるとりあえずこれだけあれば新年を迎えるには不足ないとされる黒豆、数の子、田作りの3つの料理と口取りといわれる酒の肴になる甘めの料理です。

黒豆は色黒になるほど健康で勤勉に働けるように、数の子は卵の粒が細かく多い所から子孫繁栄、田作りはイワシの幼魚でかつて小魚を肥料として田んぼに撒いていたところから豊作を祈るという意味があります。

二の重に入れるものははエビやブリといった縁起のいい海の差の焼き物です。エビは長いひげを生やし体が曲がっているところから長寿の象徴とされており、ブリは大きさによって名前が変わる出世魚というところから出世を願うという意味が込められています。

三の重は山の幸を中心に家族が仲良く結ばれるように煮しめを入れます。八つ頭は頭として出世するようにという意味と子芋がたくさん取れるところから子孫繁栄、大きな芽が出てめでたいという意味とたくさんの子球がでるところから子孫繁栄の意味があります。

四の重は四の発音が死と同じというところから忌み数字とされ代わりに与の重とされています。ここには日持ちのする紅白なますや菊花カブなどの酢の物を入れ、意味は紅白なますが水引かたどっているとされ平和、菊花カブは長寿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です