おせちとは、漢字で御節と書き節日に作られる料理のことです。

大昔は五節句(正月と3月、5月、7月、9月)に祝儀料理として食されていましたが、江戸時代後期に現在に続く正月に食べるものとして確立されています。おせちは、地域によって若干異なり、また重箱に詰めるスタイルが現在では一般的にイメージされるおせちですが、手作りの場合には、お皿に盛り付けるものもあるものです。

重箱のスタイルはデパートなどでおせち料理の販売が行われるようになったことが一因ともされています。一方でおせちに入っている料理は地域によって異なりますが、基本は祝い肴三種と煮しめ・酢の物・焼き物からなっており、それぞれに意味合いとしてめでたい食材が使われているものです。

祝肴三酒としては関東では「黒豆・数の子・ごまめ」で、関西では「黒豆・数の子・たたきごぼう」です。ただあくまでも最低限用意されるもので、このほか紅白かまぼこ、伊達巻、栗金団やお多福豆などが含まれます。焼き物に使われるのは鰤、鯛、海老、鰻などで、酢の物では紅白なます、ちょろぎ、酢蓮。

煮しめは昆布巻き、手綱こんにゃくなどが添えられます。これらには出世や長寿、五穀豊穣や子孫繁栄などに掛けたものとなっており、めでたい食材とされます。現代の場合には食文化の変化から販売されるものでは、ローストビーフやハムといったものが使われるようになってきます。また重箱に詰める以外にも鏡餅や茶碗蒸しが付いてくることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です